プログラミングスクール

【最短でインフラエンジニアに!】未経験OKの無料プログラミングスクール5選

ステイホームやリモートワークの急速な拡大により、インフラエンジニアエンジニアの社会的重要性はますます高まっています。

これをきっかけに働き方をWebに移行する企業も増え続けていくことが予想されます。

ITエンジニアの中でも、ネット社会の基盤を支えるインフラエンジニアは無くなることのない将来性のあるポジションです。

ITの需要の高まりから、無料で学べるプログラミングスクールやITエンジニアスクールが増えてきていますね。
以前はWEB系のプログラミングスクールが多かった印象ですが、最近ではインフラエンジニアコースがあるスクールもよく見かけるようになりました。

今回は元インフラエンジニアが『未経験からインフラエンジニアになれる無料スクール』をおすすめ順に紹介していきます。

未経験でもOKインフラエンジニア専門スクールまとめ

スクール 期間 受講形式 場所 違約金 年齢上限

エンジニアカレッジ 1ヵ月~3ヶ月 Skype/通学 東京 30歳
  • LPI-Japan認定校で無料ながらしっかりとしたカリキュラム。
  • インフラエンジニアに人気の資格「LinuC」が無料で取得できるので就活の切り札としてかなり有利
  • 未経験者でも基礎を学びつつ市場価値を高められる
  • 違約金なしでノーリスクなので、安心して受講できる

GEEK JOB 1ヵ月~3ヶ月 通学 東京 29歳
  • 柔軟に予定を組めるのはありがたい。土日のみ・夜間など通学時間が調整可能。社会人でも通いやすい。
  • 就職率が95%以上と高い。短期で確実な就職に期待できる!
  • 新しい教室はとてもきれいで清潔。気持ちよく勉強に励みたい方向け
  • 資格取得の支援は無し。どちらかというと就活重視
  • 違約金は12万円。安くはないので就活しない可能性がある人は有料スクールも含めて他を検討したほうがよい。

ネットビジョンアカデミー 2ヵ月 通学 東京 31歳
  • インフラエンジニアの中でもネットワークエンジニアに特化。
  • CCNAの合格率が95%と異常に高く資格対策に強い。難易度は低くない資格でこの合格率は驚異。
  • 地方出身者にはシェアハウスを無償提供。上京、勉強、就活をまるっとサポートしてくれる。
  • 提携企業が100社程と選択可能な求人数が少ない。やりたい技術や入りたい企業が決まってるひとには不向き。
  • 違約金20万。サポートにコストがかかっている分高い。

みんスク 1ヵ月~3ヶ月 通学 全国
  • 教室は全国17カ所!東京でなくとも最寄りの教室へ通学可能。
  • 教室が空いている時間帯であればいつでも学習可能。
  • 転職エージェントが運営しており保有求人件数10,000件以上と最も多い。
  • 違約金なしなので、心理的ハードルが低い。
  • 転職エージェントとしての色が強く、ITの講義内容は物足りなさも。。

最新情報

2021年現在コロナの影響下により、説明会や講義のオンライン化が進んでおり通学不要となっているスクールも多くなってきています。各スクールでの対応を本記事中で紹介していますので参照ください。教室への通学がハードルだった人には自宅から学べるチャンスでもあります。

 

未経験者こそスクールを利用すべき

エンジニアというのは特殊で奥が深い職業で、ITエンジニアといっても業界や技術もさまざま。

大きなくくりだけでいってもWebエンジニア、システムエンジニア、組み込みエンジニア、インフラエンジニア(サーバエンジニア、ネットワークエンジニア)、アプリエンジニアなど多岐に渡ります。

就職をめざすにしても、完全に未経験からの独学では時間がかかりすぎますし、まず何から手をつけていいのかわからないかと思います。

そもそも「この資格をとったからOK」とか「ここを勉強したから大丈夫」というほど浅い世界ではないので当然ともいえます。

特にインフラエンジニアの場合は実際のサーバーやネットワーク機器などを使った学習が必要になるケースもありますので、学習環境的にも独学では限界があります。

その点スクールではインフラエンジニアコースとしてカリキュラムが整備され、就活サポート付きのところでは最終的なゴール(就職)に向けて、しっかりと道筋をしめしてくれるため未経験者でも就活成功率が高くなっています。

インフラを勉強してインフラエンジニアとして就職する。という未来をうっすらでも描いている人は最短経路でそれを実現する手段といえます。

 

未経験でもインフラエンジニアになれる理由

まず昨今の世界情勢的にもインフラの需要が急激に高まっていることが一つの理由。

世界的なトラフィックの拡大にあわせて、ネットワークの基盤をととのえたりサーバーの運用を行う技術者が不足しています。

 

また、アプリ開発など他のエンジニアに比べて、インフラエンジニアは圧保守・運用プロジェクトに携わることが多いです。案件によってはシフト勤務であったり夜間勤務であったり体力勝負な業務も多く存在しているため、高度な技術をもたない未経験者でも重宝されやすい傾向にあります。

大手メーカーのシステム開発現場と同じ状況があるように、インフラエンジニアの界隈でも大きなシステムの裏には縁の下の力持ち的な存在として、若い技術者、駆け出しエンジニアが多くいます。

もちろん、ずっと体力勝負の現場にいるわけではなく、実務を通して運用スキルを磨き、設計やプロジェクト運用といったより高度なポジションにステップアップしていくのが一般的です。

アプリケーションの分野では技術の流行り廃りが激しく、常にトレンドを追っていないとおいていかれる厳しさがありますが、インフラエンジニアでは堅牢な仕組みが優先されるため技術の流行り廃りは緩やかです。

しっかりと特定のスキルを積み上げたい人に向いている職務であると言えるかもしれません。

冒頭に記載したように、現在は急速なWeb化の渦中にあるためエンジニアの人材不足はどの企業でも深刻となっています。

逆ににいえば、採用の間口が大きく広がっているため、未経験者や駆け出しエンジニアでも好待遇の優良企業に潜り込むチャンスはたくさん転がっています。

この好機を逃さないように積極的に行動を積み上げていきましょう。

 

無料のスクールがオススメな人

無料スクールがなぜ無料かというと、就職先と提携してスクール生が就活に成功した際に発生する紹介料をもとに運営されているため。

よって、勉強して就職したい人とスクールはWinWinの関係であるといえます。

ですので、無料スクールが最もおすすめなのは、「未経験から最短でインフラエンジニアとして就職を目指している人」となります。

必ずしも就職しないといけないわけではありませんが、途中解約した場合には違約金が発生するスクールもありますので、カリキュラムだけ受けたい人は「違約金の有無」を重視しましょう。

また、インフラエンジニアコースがあるプログラミングスクールは関東圏や大都市圏に集中していますので、地方にお住まいの方はWeb学習が可能かどうかも重要なポイントとなります。

 

有料スクールと無料スクールの違い

はじめに有料スクールと無料スクールの違いをおさえておきましょう。

有料スクール

  • 受講料は20万円~80万円が相場
  • カリキュラムが豊富で目的やスキルにあった講義が探せる(資格・技能取得)
  • 就活一貫ではないため、受講に集中できる

無料スクール

  • 完全無料
  • カリキュラムの選択肢は少ない(プログラマコース、インフラコース、etc...程度)
  • 短期集中で2週間~3カ月
  • 就活一貫が基本
  • スクールによっては違約金を設定している

無料スクールは「未経験者」「短期間での就職を目指す人」をターゲットとしています。完全無料なので就活を視野に入れてITスキルを身につけたい人におすすめです。

注意すべき点は「違約金」の存在です。有料スクールと比較すると高くはありませんが、他で就活を行った場合や途中退会した際の違約金(10~20万円程度)を設定しているスクールも多いので事前にチェックしましょう。

無料スクールがオススメな人

  • IT未経験者
  • 2週間~3カ月以内でのIT転職・就職を目指したい
  • 受講費をかけたくない

 

無料スクールのデメリット

前述の有料スクールと無料スクールの違いのまとめにも近いですが「無料スクールのデメリット」についても考えて置く必要があります。

無料スクールのメリットは「カリキュラムが無料で受講できること」「就活サポートや企業とのコネクションがあること」が大きなメリットです。

対して無料スクールのデメリットは以下のような点があげられます。

  • 辞める場合、スクールによっては違約金が発生する
  • スクールが首都圏に集中している
  • 「就職」が目標であるため、あまり深い内容までは学べない

事前に必ず確認しておきたいのは「違約金の有無」

スクールによっては途中退学時に違約金が発生する場合があります。

スクール側も就職時の紹介料を事業収益としているため、途中で辞められると丸々赤字となってしまうので当然といえば当然。

とはいえ、エンジニアに向いているかどうかは勉強してみないと分かりませんし、スクールに通いはじめて気が変わる可能性もあるでしょう。

なるべくであれば違約金が発生しないスクールを選ぶのが無難といえます。

2点目について。

スクールの所在が首都圏に集中しており、就活時に紹介される企業も首都圏がメインとなります。

地方での学習や就活に対応しているスクールも増えては来ていますが、まだ選択肢は多くありません。

3点目について。

資格やスクールで学んだ知識だけで実務をこなすのは難しいでしょう。

しかし、これは無料スクールに限った話ではありません。エンジニアの業務は多岐に渡り内容が深すぎるためです。

短期間で机上の学習を早々と切り上げて、早く現場で学べるというスピード感はメリットにもなります。

 

インフラエンジニアにおすすめの無料スクールランキング

インフラエンジニアコースのあるスクールをおすすめ順に紹介していきます。

エンジニアカレッジ

資格が取れて違約金も無し!完全無料ながらリターンの大きさが魅力!

新型コロナウィルス対策

2021年現在、研修所の利用を一時的に停止しておりオンラインでの運営中。全てのカリキュラムや就活における面接対策や相談も全てオンラインで行っています。

スマートフォンで参加可能なオンライン説明会も随時行っていますので、入校希望者は登録フォームよりお気軽にお問い合わせください。

エンジニアカレッジ 公式ページを見る

場所 池尻 研修センター, 虎ノ門 インターノウス本社
期間 1ヵ月~3ヶ月
受講形式 通学, Skype(自宅可)
技術 Linux, CentOS, ネットワーク, セキュリティー, クラウド, データベース
就職率 96.20%
求人数 3500件
その他 PC無料貸し出し

ポイント

  • LinuCの資格が無料で取得可能
  • Skype個別研修あり(リモート可能)
  • 違約金無し
  • 就職率が高い
  • 求人数が多い

インフラエンジニアの登竜門である「LinuC」資格を、LPI-Japan認定校で「無料」で取得できます。

通常、受験料だけでも16,500円と高額なので、それが無料で取得できるのは嬉しいですよね。

提携企業が首都圏に限られているのが残念ですが、首都圏でインフラエンジニアとしてデビューしたい方にはおすすめです。

通学不要のスカイプ個別講習もあるので、教室に通うのが難しい人は自宅で個別講習を受けることもできます。

就職率が95.1%と、他のフリースクールよりも高いのも工学院大学の強みです。求人提案数は3,500件で、選択肢が豊富です。

さらに、違約金がないのがありがたい点。基本的には就職を前提としてカリキュラムは進んでいくと思いますが、途中退会や就職できなかった場合でも解約金が発生しません。

「就活するつもりだったけど、勉強してみたら違った」

「就職活動はスクールを通してではなく、自分で別の企業を探したい」

というケースを想定しても、安心して選べる大きな理由の一つです。

 

GEEK JOB(ギークジョブ)

【夜間もOK】教室がきれい!自由なスケジュールを組める!

新型コロナウィルス対策

2021年現在、すべてのカリキュラムと就職サポートをオンラインで行っています。

GEEK JOB説明会やプログラミング体験会もオンラインで実施中です。オンライン無料体験/説明会のお問い合わせはこちらから。

GEEK JOB 公式ページを見る

場所 GEEK JOB 四ツ谷キャンプ, GEEK JOB 九段下キャンプ
期間 1ヵ月~3ヶ月
受講形式 通学
技術 Linux, ネットワーク, データベース, クラウド
就職率 95.10%
求人数 3500件
その他 PC無料貸し出し, 資格は取得不可, 違約金あり

ポイント

  • 夜や土日も授業を受けることが可能
  • 教室がオシャレできれい
  • 就職率が高い
  • 求人数が多い
  • 資格は取得できない、違約金あり(12万円/月)

GEEK JOBの「インフラストラクチャーコース」は、1ヶ月から3ヶ月でインフラストラクチャーエンジニアリングの基礎を学ぶことができるコースです。

教室が開いている10:00~21:00の間に自由に学習できるので、平日に時間が取れない社会人でもカリキュラムをこなすことができます。また、提携企業も多く、就職率も高いのが特徴です。

教室の雰囲気としては、予備校的な他のプログラミングスクールとは違い、ギークジョブはスタイリッシュで解放感のある雰囲気です。

教室というよりは、オープンカフェのような雰囲気ですね。これが、時間の自由度と相まって、最高の学習環境になっているのです。

注意したいのは、資格取得ができないことと、退会時には違約金(12万円)が発生することです。

他業種からのエンジニア転職を目指している方にオススメです。働きながらカリキュラムをこなして華麗なエンジニアデビューも可能です。

 

ネットビジョンアカデミー

ネットワークエンジニア特化でCCNA驚異の合格率!上京も全力サポート!

新型コロナウィルス対策

入校希望向けの無料説明会はウェブでも実施中。座学や実技の学習についても2020年8月よりオンラインでの対応を行っています。

ネットビジョンアカデミー 公式ページ

場所 東京都中野区新井1-26-6 いちご中野ノースビル 5F
期間 2か月
受講形式 通学
技術 Linux, ネットワーク, セキュリティ
就職率 90%
求人数 100社
その他 PC無料貸し出し, シェアハウスを無料提供, 違約金あり

ポイント

  • 短期間でのCCNAの合格率95%はスゴイ
  • ネットワークエンジニアを一直線で目指すならココ
  • 地方在住者への手厚いサポート
  • 提携企業は少な目

未経験から約1ヶ月でCCNAの資格を取得できるのは、かなりすごいことだと思います。短期集中型のカリキュラムで、早くネットワークエンジニアになりたいという方には最適なスクールです。

また、このスクールの特徴として、地方在住者へのサポートが充実しており、シェアハウスの無料貸し出し(最大2ヶ月)も行っているので、上京して同時にITの仕事に就きたいという方にもお勧めです。

綺麗なシェアハウスは、とても楽しそうですね。

なお、フルサポートの場合は20万円の違約金が発生するので注意が必要です。

地方から上京して就職を目指している方で、勉強も就職も最後までしっかり面倒見てほしいという人向けには、これ以上無い待遇かもしれません。

 

KENスクール

学習コースのバラエティーが業界随一!ネットワークを極めるならここ!

アクセス:「新宿本校」JR新宿駅から徒歩3分、「池袋校」JR池袋駅から徒歩1分、「北千住校」千代田線北千住駅から徒歩4分

KENスクール 公式ページを見る

 

未経験者も経験者も大歓迎です

こちらも教育のプロによる完全個別指導の有料のプログラミングスクールです。

一人ひとりのスキルに合わせた豊富なカリキュラムは、まるでパーソナルトレーニングジムのよう。明確な目標を確実に達成したい方にお勧めです。

CCNAなどの資格取得を目指す方は、資格取得特化型コースへ。インフラエンジニアへの転職を目指す方には、総合的なスキルを身につけるコースをご用意しています。

学習コースの種類も豊富で、個別指導スタイルのため、個々のニーズに合わせたカリキュラムを組むことができます。

 

有料スクールならではの充実したプログラムを用意

プロによる講義だけでなく、就職・転職サポートも無料で行っています。学習を通じて就職や転職への意欲が高まった場合、スムーズに就職・転職サポートにつなげることができます。

総合的なサービスの質の高さと、カリキュラムのカスタマイズや柔軟性の高さは、有料のプログラミングスクールの魅力です。

 

リナックスアカデミー

IT教育のプロが教えるサーバー / ネットワーク。有料だからじっくり学べる

アクセス:東京メトロ「新宿三丁目駅」から徒歩1分

リナックスアカデミー 公式ページ

 

目的に合ったコース選択が可能

続けて有料プログラミングスクールのご紹介。やはり就活抜きに技術を学びたい、資格を取りたいという場合は有料スクールも有力な選択肢。

「資格を取りたい!」

「Linux/ネットワークを体系的に学びたい!」

このような技術的な目的に応じた詳細なコース設定ができるのは、有料のプログラミングならでは。

リナックスアカデミーでは、インフラエンジニア向けに様々なコースを用意しています。

  • Linuxエンジニアコース
  • Linuxネットワークエンジニアコース
  • Linuxネットワークエンジニア+CCNA資格合格保証コース
  • Linuxセキュリティエンジニアコース
  • IT業界就転職総合コース
  • CCNA資格対策コース
  • CCNA資格合格保証コース

現役エンジニアによる質の高い講義が本コースの特徴です。講師自身がプロであるため、より実践的な現場の感覚を得ることができ、質疑応答ではコアな知識分野をより深く掘り下げることができます。

 

受講料は高いが、学習に集中できる

受講期間や受講料はコースによって異なりますが、6万円から89万円と、かなり高額です。

例えば、Linuxの基礎から応用までを学ぶ「Linuxエンジニアコース」は、4カ月で38万円、CCNAなどの資格取得を伴うカリキュラムはもう少しかかります。

しかし、専門の教育機関であるため、講義の質の高さは確保されており、また、就職活動との兼ね合いもないため、学習のみに集中できるというメリットがあります。

 

みんスク

地方都市にも教室多数!最短1ヵ月でインフラエンジニアに!

新型コロナウィルス対策

みんスクではスクールによって在宅での受講も可能となっています。土曜日もオンラインでの質問対応等を行っている様です。

 

みんスク 公式ページを見る

場所 東京、仙台、大宮、横浜、千葉、名古屋、大阪、京都、岡山、広島、福岡 他
期間 1ヵ月~3ヶ月
受講形式 通学
技術 Linux, ネットワーク, クラウド, セキュリティ
就職率 -
求人数 10,000件以上
その他 PCレンタルあり

ポイント

  • 教室が多く地方都市でも学べる
  • 転職エージェント運営なので就活時の案件が豊富
  • 違約金なし
  • 未経験者からのIT転職を目指すにはカリキュラムが弱い

また、地方都市にも多くの教室があるため、地方での通学・就職も可能です。同校の母体は転職エージェントのワークポートなので、必然的に就職活動の選択肢が広がることになる。

しかし、インフラエンジニアや未経験のITエンジニアを目指す人にとっては、カリキュラムが "物足りない "という声もあり、IT業界への就職のハードルは高いようです。

どちらかというと、IT経験者や、IT以外の幅広い分野で就職・転職したい人がサポートを受けられる場と考えたほうがいいかもしれません。

カリキュラムいうよりはライトな個人学習サポート的な感じではありますが、その分気軽に利用できるというのはメリットです。

就職サポートという位置づけで、他の就活エージェントなどと併用していくのもアリでしょう。

 

インフラエンジニアに最速でなる。おすすめスクール5選まとめ

インフラエンジニアコースがあるスクールを今回は紹介していきました。

インフラを学んで就活を目指すといった大枠はどこも同じですが、カリキュラムの自由度や学習方法、違約金の有無などはそれぞれのスクールで特色がある部分ですので、自分の生活スタイルや希望にあわせて、マッチするスクールを検討いただければと思います。

現在ではどのスクールもWeb学習のコンテンツを拡充していますため、学びやすさは上がってきているかと思います。

エンジニアの需要期を逃さないように、チャレンジのきっかけとなれば幸いです。

-プログラミングスクール

Copyright© エンジニアノート , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.